よりよいパンフレット印刷で宣伝効果を高めよう

MENU

印刷技術

印刷を手掛ける人達とは

印刷を行う人達とはこれまで、いわゆる職人と呼ばれる人達だったものです。製版業界もデジタル化が進みましたが、印刷機を扱う人達はその経験と勘によって、クライアントの希望する色調を再現することができたものです。
現在普及しているネット通販による印刷サービスにおいては、印刷機はデジタル管理によってインキの刷り濃度がコントロールされているために、細かな調整は行わない代わりに常に安定した品質での提供を可能としているのです。それによって、職人ではなくても機械を扱うことができるようになっています。そのために、人件費も抑えて低価格によるサービス提供を可能としているのです。また、同時に短納期化も進めることができたわけです。

どのようなサービスが行われているのか

昔ながらの印刷会社では、クライアントごとに刷り濃度を変えることによって、フレキシブルに色調を希望するものに合わせることができます。製版によるデータ処理では時間がかかりすぎるような場合には、職人の感覚によって対応できるわけです。一方でネット通販によるサービスでは、逆に刷り濃度を変えないことによって、データ通りの色調を再現するものとなっています。それ故に、データ修正すればきちんとそれに対応して色調が変わるので、修正もしやすいのがものとなるわけです。
それぞれに長所が異なり、それを活かしたサービスを提供しています。ネット通販では集めたデータを活かすことによって、チラシなどの広告メディアに対しては、高い効果が得られるレイアウト作りの提案なども行なっています。